比較!

ココマイスターのクラブウォレットを検討中の方の中には、マットーネシリーズのラージウォレットも気になっている方がいるかもしれません。

 

すごーく悩ましい部分だと思います。

 

素材の製造業者は、どちらもイタリアの超名門、バダラッシ・カルロ社です。

質感も同じくしわがついた手触りで、バケッタ製法で作られています。

マットーネの方がしわが滑らかで自然な感じです。

 

さて、どうしたらいんじゃ?

 

まず、私が最初に感じた印象ですが、マルティーニは、圧倒的な高級感があります。一方、マットーネは、見事なまでの美しさがあります。

触ってみた感触は、マルティーニは、ザラザラとしていて、お堅い高貴ならではのそっけない感じがありますが、マットーネはしっとりとした優しさが感じられました。

※マルティーニはエイジングでそっけなさは無くなり和み系になりますのでご心配なく。^^;

 

表現が微妙ですが、こんな感じで写真で見る以上に大きな違いがあるように思います。

 

続いて、じゃー、どっちが人気あるの?と言うことで私の聞いた話をお伝えしたいと思います。

 

ココマイスターさんでは、いくつかのシリーズがありますが、売上ランキングでは、マットーネシリーズは3番手で、クラブウォレットのマルティーニシリーズは5番手となってるみたいです。

マットーネシリーズの方が人気があるようですね。

中でも、マットーネシリーズのラージウォレットはランキングも上位みたいです。

うぅ・・、我がクラブウォレットは負けてる・・。(T_T)

マットーネシリーズの方が安いからしょうがないさ・・。

 

ただ、しかし、人気だけで選ぶのはよくありませんよ!

 

まず、この二つのレザーは、根本的に違いがあるんです。

マルティーニのミネルバボックスは、大人の牛から作られます。一方、マットーネは、子牛から作られています。カーフレザーと呼ばれています。

 

さらに、ココマイスターさんは、実は、シリーズのコンセプトをすごく重要視しています。

 

クラブウォレットのマルティーニシリーズは、外側も内側もどちらもミネルバボックスが使用されています。

一方、マットーネシリーズは、外側のみメインの素材が使われ、内側は、ヌメ革が使われています。

 

外側の目に見える部分は、メインの革を使い、内側はヌメ革を使うのは、一般的な革財布の定番パターンです。

 

ところが、マルティーニシリーズは、べつに外側だけでも良いはずなのに、あえて、内側もメインの素材が使用されています。

これは、ココマイスターさんのこだわりで、マルティーニシリーズでは、レザーのエイジングをフルに満喫してほしいと言う思いがコンセプトになってるからです。

そのような理由で何種類と作くられるバダラッシ・カルロ社のレザーの中でも最高峰のエイジングが楽しめるミネルバボックスが採用されているのです!

 

使い方の違いとして、これから共に歩むであろう人生を自分の引き立て役としてまかせるか、共に主役をやって行くか、こんな感じですかな。ちょっと例えがおかしいか・・・^^;

 

まぁ、どっちを選ぶかで迷ってる場合は、レザー自体の比較は難しいので、シリーズのコンセプトから考えてみるのは如何でしょうか?

 

 

▼ココマイスター公式サイトはこちら▼

 

 


inserted by FC2 system